専門フォーラム4 第1回(2018年12月13日)

日時:2018年12月13日(水) 13:00~14:30
場所:自動車会館(大会議室)

議事次第

  1. 座長挨拶
  2. 委員紹介
  3. 現在の協議会で検討されている利用状況予想についての説明
  4. 現在、権利者の協議会で検討されているライセンスについての説明
  5. 自由討議

配布資料

議事のポイント

議題に従い、発表者である委員が説明、それに対する質疑応答、意見交換が行われた。

主な意見等

  • 改正著作権法35条1項の但書と関係なく、ICT教育環境を整えるため、あると使い勝手がいいものを「基礎ライセンス」、但書の対象となる利用のライセンスを「専門ライセンス」と整理した。この場では主に「基礎ライセンス」の検討をしたい。
  • 「基礎ライセンス」は、保護者会や職員会議等生徒がいない校内利用も想定内。
  • 「共有」という用語ひとつとってもいろいろな形が想定し得る。用語は誤解を招かぬよう慎重に定義して使う必要がある。
  • MOOCやOER(Open Educational Resources)について検討してほしい。
  • 35条以外の制限規定も視野に検討する必要がある。
  • 学部、学科で異なる取り扱いをする場合、教育機関の理解を得られるような仕組みが必要。
  • ECL(Expanded Collective License)制度がない以上、ライセンスには、権利を委託している者の著作物等しか含まれない。権利者側にも権利を集める努力を求めたい。
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.