総合フォーラム 第2回(2019年1月15日)

日時:2019年1月15日(火) 10:00~12:00
場所:アイビーホール(3Fナルド)

議事次第

  1. 座長挨拶
  2. 各専門フォーラムの検討経過について
    (1) 教育利用の補償金の支払い等について
    (2) 教育現場における著作権に関する研修や普及啓発について
    (3) 著作権法の解釈に関するガイドラインについて
    (4) 補償金制度を補完するライセンス環境について
  3. 各フォーラム毎に質疑応答

  4. 各専門フォーラムの今年度検討項目について
    ・質疑応答
  5. 自由討議

配布資料

議事のポイント

議題に従い、発表者である委員が説明、それに対する質疑応答、意見交換が行われた。

主な意見等

  • 今回の補償金制度と包括的ライセンスは同時に運用することで効果が上がると考えられる。
  • 35条の範囲に加え、ICT教育を進めるうえで必要最小限ここまで使えないと実用にならないというところまでを包括的ライセンスでカバーすることになるのではないか。
  • 制度開始後に実施予定の実態調査ではできるだけ教育現場の負担にならない様に配慮すべきである。
  • ガイドラインは異論のない部分から作っていくことが必要。
  • 当面子どもたちへの著作権の普及啓発は内容を絞っていくことが大事。
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.